日本で働く : Work in Japan

日本(にっぽん)には、1(おく)2000(まん)人以上(にんいじょう)人口(じんこう)があり、6700(まん)人以上(にんいじょう)(ひと)(はたら)いています。日本(にっぽん)産業(さんぎょう)は、第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦後(たいせんご)製造業(せいぞうぎょう)中心(ちゅうしん)(たか)経済(けいざい)成長(せいちょう)達成(たっせい)しました。現代(げんだい)では、建築(けんちく)金融(きんゆう)流通(りゅうつう)(など)(おお)くの産業(さんぎょう)があり(おお)くの人々(ひとびと)(はたら)いています。大企業(だいきぎょう)中心(ちゅうしん)に、東京(とうきょう)大阪(おおさか)名古屋(なごや)などの都市部(としぶ)会社(かいしゃ)集中(しゅうちゅう)する傾向(けいこう)があり、(はたら)(ひと)たちは、都市部(としぶ)やその周辺(しゅうへん)()んで会社(かいしゃ)通勤(つうきん)します。日本(にっぽん)では、都市部(としぶ)移動(いどう)するための公共(こうきょう)交通(こうつう)機関(きかん)発達(はったつ)しており、比較的(ひかくてき)遠方(おちかた)からでも電車(でんしゃ)などを使(つか)って通勤(つうきん)することが可能(かのう)です。

近年(きんねん)日本人(にほんじん)高齢化(こうれいか)(すす)(なか)海外(かいがい)から日本(にっぽん)()仕事(しごと)をする(ほう)毎年(まいとし)急激(きゅうげき)()えています。2018(ねん)10(がつ)時点(じてん)調査(ちょうさ)データで、146(まん)人以上(にんいじょう)外国人(がいこくじん)(かた)たちが日本(にっぽん)国内(こくない)(はたら)いています。10年前(ねんまえ)(やく)49万人(まんにん)だったので、この10(ねん)(かん)(やく)3(ばい)()えています。

日本(にっぽん)仕事(しごと)をするためには、就労(しゅうろう)許可(きょか)取得(しゅとく)必要(ひつよう)となります。これは、「在留(ざいりゅう)資格(しかく)」として、制度(せいど)仕事(しごと)内容(ないよう)(など)により、沢山(たくさん)種類(しゅるい)資格(しかく)用意(ようい)されています。
これまで、日本(にっぽん)での就労(しゅうろう)許可(きょか)比較的(ひかくてき)取得(しゅとく)(むずか)しい状況(じょうきょう)がありましたが、近年(きんねん)労働者(ろうどうしゃ)不足(ぶそく)状況(じょうきょう)もあり、急速(きゅうそく)許可数(きょかすう)()えています。
参考(さんこう)資料(しりょう)外国人(がいこくじん)労働力(ろうどうりょく)について(内閣府(ないかくふ)資料(しりょう)

では、日本(にっぽん)仕事(しごと)をしたい場合(ばあい)具体的(ぐたいてき)にどのようにすればよいのでしょう?
手続(てつづ)きとしては、自身(じしん)国籍(こくせき)や、またどのような仕事(しごと)()きたいのかなどによっても(こと)なります。
(たと)えば、通訳者(つうやくしゃ)やIT技術(ぎじゅつ)専門家(せんもんか)であれば、まず日本(にっぽん)での就労先(しゅうろうさき)()つけた(うえ)で、「技術(ぎじゅつ)人文(じんぶん)知識(ちしき)国際(こくさい)業務(ぎょうむ)」という在留(ざいりゅう)資格(しかく)取得(しゅとく)することにより、日本(にっぽん)国内(こくない)仕事(しごと)()くことができます。それ以外(いがい)にも、職種(しょくしゅ)(おう)じた在留(ざいりゅう)資格(しかく)用意(ようい)されています。さらに2019(ねん)4(がつ)からは、「特定(とくてい)技能(ぎのう)(ごう)」という(あら)たな在留(ざいりゅう)資格(しかく)(もう)けられ、該当(がいとう)(こく)国籍(こくせき)()つひと(当初(とうしょ)は、ベトナム、中国(ちゅうごく)、フィリピン、インドネシア、タイ、ミャンマー、カンボジア、ネパール、モンゴル)であればこれまで許可(きょか)()られなかった業務(ぎょうむ)についても許可(きょか)()やすくなります。

 

NEXT
ビザについて

【English】 ビザには、短期(たんき)滞在(たいざい)、就労(しゅうろう)・長期(ちょうき)滞在(たいざい)、医療(いりょう)滞在(たいざい)、特定(とくてい)、外交(がいこう)などの種類(しゅ ...

続きを見る

投稿日:2018年12月1日 更新日:

Copyright© 言の葉ネット , 2019 All Rights Reserved.